カテゴリー

【予約】(N)113系1000番台_横須賀・総武快速線
【予約】(N)E353系「あずさ・かいじ」
【予約】(N)クモハ52(2次車) 飯田線
【予約】(N)寝台特急「さくら・はやぶさ/富士」&EF66_0番台
【予約】(N)DE10_JR貨物更新色
【予約】(N)東武鉄道_東武スカイツリーライン_50050型
【予約】(N)381系「やくも」(リニューアル編成)
【予約】(N)東京メトロ有楽町線・副都心線17000系
【予約】(N)883系「ソニック」リニューアル車(AO3編成)
【予約】(N)581系(スリットタイフォン)
【予約】(N)500系新幹線「のぞみ」
【予約】(N)E129系100番台(Wパンタ)/しなの鉄道SR1系300番台
【予約】(N)EF65_1000_下関/D51_200/35系4000番台
【予約】(N)東急電鉄5050系4000番台
【予約】(N)521系あいの風とやま鉄道 IRいしかわ鉄道(黄土系)
【予約】(N)EF64_1000_JR貨物新更新色/一般色
【予約】(N)287系「こうのとり」
【予約】(N)485系初期形/後期形
【予約】(N)京急2100形
【予約】(N)アルプスの氷河特急
【予約】(N)DD51_後期_耐寒形_北斗星
【予約】(HO)EF510_0(JRFマークなし)/JR貨物色(銀)
【予約】(HO)EF81_81 北斗星色/24系 <夢空間>
【予約】(HO)DD51(暖地形)
【予約】(HO)EF81一般色
(HO)サハ165 0番台(品番1-456)用 扉付ホロ部品
【イベント】
 
 
 
 
   【予約】(N)キハ58系<あそ1962>タイプ 2両セット > キハ58系<あそ1962>タイプ 2両セット【251】
 
 
 
前の商品 キハ58系<あそ1962>タイプ 2両セット【251】 次の商品
 
 
キハ58系タイプ 2両セット【251】

     

品番:10-956

商品名:キハ58系<あそ1962>タイプ 2両セット【251】

販売価格:13,200 円(税込)

数量:

2023年1月発売予定

 
 
 
JR九州の<あそ1962>は、阿蘇観光の目玉として運転していた8620形58654号機が牽引する
「SLあそBOY(現SL人吉)」が平成17年(2005)に引退後、後継列車として登場した列車です。

キハ58系2両の内外装を工業デザイナーの水戸岡鋭治氏の手によってリニューアルが行われ、
平成18年(2006)7月より運転を開始しました。
列車名の〈あそ1962〉は編成中のキハ58-139の製造年が昭和37年(1962)であることがネーミングの由来
となっています。
平成22年(2010)まで運行され、期間中は熊本地区における「SL人吉」との共演のほか、臨時列車として
で九州各地で運転されました。引退後も車籍は平成30年(2018)まで残り、全国で最後まで残るキハ58系
として注目されました。
製品は深みのある車体に、ゴールドの帯、随所に施されたレタリングを再現。
同時期発売予定の「SL人吉」、既発売の「キハ58系JR九州一般色タイプ」、「787系<アラウンド・
ザ・九州>」との共演も楽しい製品です。

●<あそ1962>で活躍したキハ58-139とキハ28-2401を、ワンマン改造後の平成20年(2008)前後の外観をプロトタイプに設定
●ベンチレーターが撤去された屋根、九州タイプのスカート、暖地用タイフォンを再現
●深みのある車体色に配された、金帯や各種ロゴを再現
●各種表記・JRマーク等は金色で印刷済
●側面ガラスにある自転車マークを再現。ドアレールは銀色で印刷済
●前面ホロはキハ28‐2401に取付済
●カプラー、床下機器、台車は青みのある灰色で設定
●フライホイール付動力ユニット採用。複数編成の連結運転を考慮し、動力台車はトラクションタイヤ無しで設定
●前面表示は「ASO1962」を取付済
●シールには前面表示(「試運転」「団体」)、各種サボ、架線注意表記、ワンマン表示を収録
●行先表示シール、列車無線アンテナ、前面ホロ、胴受、ジャンパ栓、前面表示(無地)が付属
※室内は実車と異なります。
※車体各部や床下機器表現など、実車と異なる箇所がございます。

ページトップへ